アップデート情報

ZOOM PLAYER 14.5.0の新機能をご紹介いたします。

「ZOOM PLAYER 14.5.0」の新機能

  • 動画のストリーミングサポートを拡大し、次のウェブサイトに対応しました:

    Facebook (facebook.com)
    Vimeo (vimeo.com)
    Dailymotion (dailymotion.com)
    VK (vk.com)
    LiveLeak (liveleak.com)
    Break.com (break.com)
    Veoh (veoh.com)
    eBaum’s World (ebaumsworld.com)
    VKMag.com (vkmag.com)
    Team Four Star (teamfourstar.com)
    GodTube (godtube.com)
    StreetFire.net (streetfire.net)
    Daily HaHa (dailyhaha.com)
    TCMag.com (tcmag.com)
    Bofunk (bofunk.com)

    一部のサイト(例 facebook)では、zoom player インストールセンターで 3DYD フィルターの拡張分析モードを有効にする必要があります。
  • ディスプレイのアスペクト比に基づいて、自動全画面ナビゲーションスキンを切り替えます。

    例えば、16:10を指定して16:10ディスプレイ用のZoom Player ナビゲーションスキンを選択した場合です。

    (https://www.inmatrix.com/zplayer/nav/default1610.shtml)
    注:
    現在スキンはナビゲーションインターフェイスを開いた時のみ切り替え可能です。
  • TheMovieDB.org メディアライブラリースクレイピングが改良され、英語以外のメタデータに戻る事が可能になりました(テキストと画像)。
  • プレイリストエディターの改良により、リストを追いやすくするために交互の行がハイライトされるようになりました。 (初期設定の Onyx スキンかバンドルされているAlba スキンを使用している場合)
  • プレイリストエディターの右クリックメニューで簡単にコードトラックテキストと背景の色を選択できるようになりました。
    Zoom Player の初期設定である ZPL フォーマットのプレイリストをご利用の場合、色彩情報は自動で保存されます。
  • 新しい「PlayListData/Background2」スキンスクリプトパラメーターにより代替プレイリストエディターの行の色を指定する事が可能になりました。
  • 新しい「サムレンダリングスレッド」設定 (アドバンスドオプション / インターフェイス /全画面ナビゲーション / サムネイルの表示設定)によりサムネイル表示をレンダリングするために使用される CPU スレッド数を指定できるようになりました。

    以前この設定は2つのスレッドを使用するようハードコードされていましたが、今後は「自動」から「16」までのどの値でも指定ができるようになりました。

    自動モードでは PC に応じて2つか3つのスレッドを使用していましたが、多数のコアや高帯域幅の RAM を含むシステムであれば、スレッドを追加することでより良いパフォーマンスが実現できます。
  • DirectShow 再生で YouTube ストリームが再生できなかった場合、自動で YouTube IFRAME プレイヤ-に切り替わる新しい設定 が追加されました(アドバンスドオプション / 再生)。
  • プレイリストが1つのファイルに含まれている場合、「次/前のチャプター」は、同じフォルダーにある次/前のメディアを再生する新しい設定が追加されました (アドバンスドオプション / 再生 / コントロール)。
    この設定の裏にあるこの機能は、以前までは常に有効になっていました。そして今後も初期設定では有効になっていますが、アドバンスドオプションダイアログから無効にすることが可能になりました。
  • スロー再生や高速再生を有効にしている時は、オーディオをミュートにする新しい設定が追加されました (アドバンスドオプション / 再生 / コントロール) 。
  • 強制的にナビゲーションリストやサムネイル表示を最大幅にする新しい設定が追加されました(アドバンスドオプション / 全画面ナビゲーション / 表示設定)。

    “フルサイズ”設定とは違い、この設定はナビゲーションリストをデバイスの最大解像度で表示しますが、表示に多少の問題が起こることがあります(サムネイルハイライトがトリミングされてしまう等)。
  • 「プレイリストエントリーとしてフォルダーをサポートする」設定が新しく追加されました(アドバンスドオプション / インターフェイス /プレイリスト)。この設定は以前はハードコードされており、今もアドバンスドプレイリストの機能をサポートするために初期設定で有効にされています。しかしフォルダーをプレイリストエントリーとしてサポートすると HDD ドライブがプレイリスト読み込み中にスパンダウンを引き起こす事がありましたが、この新設定を無効にするとドライブが偶発的にスピンアップすることを防ぐ事ができます。
  • アドバンスドプレイリストコントロール (プレイリストエディターか”J”を押すとアクセス可能)で、検索時にフィルタリングしたプレイリストに残っている項目数が表示されるようになりました。
  • 新しく追加された、YouTube チャンネルと RSS ストリーム用の「リフレッシュ」オプション (メディアライブラリカテゴリーエディター / 調整カテゴリー )によりチャンネル名とサムネイルのリフレッシュが可能になりました。
  • 新しい “exVidMoveHorz” と “exVidMoveVert” の機能拡大により、ビデオ領域(全画面)やプレイヤーウィンドウ(全画面でない時)を水平または垂直に動かすことが可能になりました。

    コマンドラインの使用例:
    zplayer.exe /exfunc:exvidmovehorz,-200 /exfunc:exvidmovevert,-100
  • 新しい 「fnToggleOverlayCover」 機能により「表示領域全体をビデオでカバーする」の設定のオン/オフの切り替えが可能になりました。
  • メディアライブラリーのサムネイルドローイングコードを最適化し、アップデートをさらにスムーズにして高速化しました。
  • メディアライブラリーに使用されるスクレイピングスレッドの最大数が8から16に増加しました。
  • アドバンストプレイリストコントロールフィルターサーチはそれぞれの文字がある全てのプレイリストを検索していましたが、これにより非常に多くのプレイリスト(30,000以上のエントリー)を扱う際は時間がかかっていました。
    現状、検索のアクションは、最後のキーストロークの350~400ミリ秒後に実行されるようになったので、入力中にユーザーインターフェースが停止してしまう事はなくなりました。
  • メディアライブラリーのスクレイプムービーに背景画面が含まれていなかった場合、黒い画面ではなく初期設定の背景画像が使用されます。
  • JPEG 画像が実際の画像の前にあるジャンクを含んでいる場合に、メディアファイルからアルバムアート画像を抽出する作業を Zoom Player で行う際、以前よりもうまくできるようになりました。
  • HD/4K ストリーミングを有効にする 3DYD YouTube ソースフィルターのための2つの設定プロファイルがインストールセンターに追加されました。
  • 3DYD YouTube ソースフィルターが「オーディオのみ」のアウトプットに設定されていた場合でもビジュアライゼーションがサポートされるようになりました。
  • 「fnToggleSub」と「fnDisableDVDsub」の機能を使用中にコマンド&コントロール API は、字幕が有効/無効時に通知するようになりました。
  • PNG と zLib ライブラリーを新しいバージョンのためにアップデートしました。

ZOOM PLAYER 14.4.0の新機能をご紹介いたします。

「ZOOM PLAYER 14.4.0」の新機能

  • AV 1ビデオ圧縮フォーマットの初期サポート:
    AOMedia Video 1(AV1)は、開かれたロイヤリティフリーのビデオコーディングフォーマットです。インターネット上にビデオを伝送するように設計されています。
    2015年に設立されたウェブブラウザ開発者である半導体業界の企業、ビデオオンデマンドプロバイダーのコンソーシアムであるオープンメディアアライアンス(AOMedia)によって開発されました。
    https://en.wikipedia.org/wiki/AV1

    AV1コーデックは、HEVC(H.265)と比較すると20%高品質/ビットレートの優れた画像を提供することができます。
  • 新しい「アプリ実行」メディアライブラリープラグインを使えば、アプリとスクリプトを直接メディアライブラリーカテゴリーサムネイルから実行することができます。
  • 新しい設定 (Adv. Options / Interface)で、ステーションマネージャーをフルスクリーンモードに切り替える際は、その他アプリの上に置くことができます。
  • 新しい設定 (Adv. Options / Playback)は.URL ファイルをストリーミングメディア(もしくはウェブページ)のようにロードすることができます。
  • 新しい (Adv. Options / Playback) “再生完了” オプションを使えば、プレイリストの再生が完了してすぐにアプリやスクリプトを実行することができます。
  • メディアライブラリーのメタデータのスクレイピングには長いファイルパスと URL(200文字以上、Zoom Player のインストールによって異なる)の問題がありました。
    キャッシュされたエントリーを、ファイル名とURLアドレスによって簡単に識別できるようにという初期の設計判断によるものです。

    しかしながら、Windows は255文字以上のパスに、正確には対応していません。
    対応策として、長いファイル名やURLが発行された場合、キャッシュ機構は完全なファイル名やURLではなく、短いハッシュを使用するようになりました。
  • RSS フィードのサポートが強化されました。RSSフィードを追加すると、メディアライブラリーカテゴリーとして、さらにサムネイルが表示されます(サポートするさらに多くのカテゴリーサムネイルも)。
  • RSSフィードに複数の同じ発行日のエントリーがあるとしたら、エントリーはURLによって二番目に並び替えられます。
  • キャッシュされたメディアライブラリープラグインの RSS エントリーの数が、2,000から5,000になりました。
  • 2つの Sonique 画像解像度の設定を、アスペクト比4:3から16:9へ変更しました。
    320×240 -> 320×180
    640×480 -> 640×360

    アップデートされた言語パックをお使いでない場合、この変更はドロップダウンリストには反映されないことがありますが、上記の数値に従って設定されています。
  • SHOUTキャストステーションソートを改良しました。
  • プレイリストをダウンロードした際、Zoom Player は、「マイドキュメント」ではなく windows temp フォルダーを使用します。
  • アーカイブファイル(zip/rar)を再生中、アーカイブは「マイドキュメント」の代わりに Windows の temp ファルダーを使用します。
  • ストリーミングオーディオを再生中に返されたメタデータは、返されたテキストの前後にある余分なスペースを削除するためトリムされるようになりました。

ZOOM PLAYER 14.3.0の新機能をご紹介いたします。

「ZOOM PLAYER 14.3.0」の新機能

  • SHOUTcast ステーションブラウザダイアログ内で、ソートができるようになりました (リスナー、名前、ビットレート、形式から)
  • 前バージョンでは、上/下の矢印キーが前/次のチャプターやトラックに割り当てられた時には、上/下矢印キーの設定がされていませんでしたが、現状は下を押すと次のトラック/チャプターに行き、上を押すと前のトラック/チャプターに行くようになりました。
  • インターネット接続のない状態で、YouTube のチャンネルを開くと「カテゴリーは空です」というメッセージがでていましたが、[更新]の選択肢が表示されるようになりました。
  • [字幕ファイルを開く]を使って再生中のメディアに字幕を追加した時には、ファイル選択ダイアログが初期化され、再生中のメディアフォルダーで開くことができるようになりました。
  • トラック間での切り替え中にストリームフルスクリーンナビゲーションインターフェイスが自動的に閉じてしまうことがなくなりました。
  • メディア再生中でなくとも、ストリームセレクションフルスクリーンインターフェイスを開くことができるようになりました。
  • バージョン14.2では、言語ファイルが更新されていなかったので、ナビゲーションインターフェイスに表示されるタイトルが正しくありませんでした。
  • 複数のページ(YouTube等)を表示できるプラグインを使用して、メディアライブラリーカテゴリーの[さらに読み込む]ボタンを押してしまうと、表示するメディアがない場合は[更新]のオプションが消えていました。
  • RSS フィードメディアライブラリープラグインでは、RSS フィード(YouTube等)によっては、正しいリリース日を表示しないことがありました。
  • URL (Shift+「U」)を開いてプレイリストをロードした時はエラーメッセージが表示され、ロードできませんでした。
  • メディアライブラリープレイリストプラグインは、状況によっては空のカテゴリーを報告してしまい、正常に機能しませんでした。
  • 実際のファイルではなく、プレイリストURLを使用された場合、メディアライブラリープレイリストプラグインで、新しいカテゴリー名が使用されていませんでした。

ZOOM PLAYER 14.2.0の新機能をご紹介いたします。

「ZOOM PLAYER 14.2.0」の新機能

  • 新しい「お気に入り」全画面ナビゲーション インターフェイス
    どんなメディアでもメディアライブラリや、ファイル ブラウジング ナビゲーション インターフェイスを通じて、お気に入りリストに追加できます。
    その場合は、「メインナビゲーションのインターフェイス」の機能を再設定し、初期値にする必要があります(アドバンスドオプション / インターフェイス / 全画面ナビゲーション)。
  • 「URL を開く」の機能を使用中でも、新しい「プレイリストをクリア」チェックボックスが使用可能になりました。
    (以前までは、プレイリストはいつでもクリアされていました。)
  • LAV Filters v0.71 により、D3D11 ハードウェアのデコーディングモードが追加されました。 このモードを自動的に使用するには、「アドバンスドオプション / 再生 / 動画」の下にあるオプションを設定します。
  • 「再生履歴のデータベースが破損しています」というメッセージは、実際に再生履歴データベースが破損していない限りは表示されなくなりました。
  • Zoom Player を永く使っていきたいという方のために 「メディア再生履歴の保存期間」を9999日間(~27年間)から99999日間(~2783年間)まで設定できるようにしました。
  • torrents が更新ファイルリストを取得している間に Zoom Player を終了する場合、torrents プラグインが少し早くシャットダウンするようになりました。
  • 複数のオーディオトラックで動画を再生した時に、前回の再生時に使用したオーディオファイルが開かないバグを修正しました。
  • ナビゲーションインターフェイスでロードしたプレイリストを開いた時に、自動的に再生が開始されないバグを修正しました。
  • 全画面ナビゲーションのテキストのアンチエイリアス設定が、プレイヤーを再起動した後にリセットされるようになりました。
  • その他のバグを修正しました。

ZOOM PLAYER 14.1.0の新機能をご紹介いたします。

「ZOOM PLAYER 14.1.0」の新機能

  • Windows 7-10メディアライブラリのフォルダ構造の自動サポート(以前は基本的なWindows XP-Vistaライブラリ構造のみがサポートされていました)
  • Zoom Player に「.m3u8」プレイリストを処理させるための3つの新設定を追加しました(アドバンスドオプション / ファイル形式の関連付け / ファイル拡張子)
    この設定は、プレイリスト形式を処理する DirectShow フィルタが必要なサービスと衝突する可能性があるため、初期設定では無効になっています。
  • 新設定(アドバンスドオプション / インターフェイス / 全画面ナビゲーション / ファイルトラッカー)により、ダウンロードトラッキング プラグインのリフレッシュレートの設定が可能になりました。
    この値はメディアライブラリとファイルブラウジング ナビゲーションインターフェイスにのみ影響し、ダウンロードトラッキング ナビゲーションインターフェイスは自動的に高レートで更新されます。
    10秒未満の数値を使用すると、大きなファイルリスト(10,000件を超えるエントリ)をトラッキングする際のパフォーマンスが低下する恐れがあることにご注意ください。
  • ディスクドライブに実際に存在しない Zoom Player にファイルエントリを渡さないように、 Torrent ダウンロード&トラッキング プラグインに新設定を追加しました。
    この設定は初期設定ではオフになっていますが、部分的にダウンロードされた多数の Torrent を処理する場合は、パフォーマンスが向上します。
  • 「ダウンロードしない」とマークされたファイルエントリを Zoom Player に渡さないように、 Torrent のダウンロード&トラッキング プラグインに関連する新設定を追加しました。この設定は初期設定ではオフになっています。
    この設定を有効にすると一覧表示の処理が高速化されますが、ファイルのダウンロード優先順位を後で変更できなくなります。
  • 新設定(アドバンスドオプション / 再生 / オーディオ / 周波グラフィック)により、周波数グラフィック表示のために、 Zoom Player の DSP フィルタを有効にすることが可能になりました。
  • 新設定(アドバンスドオプション / 再生 / オーディオ / 周波数グラフィック)により、周波数グラフィック表示の初期オーディオ再同期レートを設定できるようになりました(この設定を利用するには Zoom Player の DSP フィルタが必要です)。
  • TVジュークボックスモードのサムネイルに最後の再生位置が表示されるようになりました。
  • Windows 10 Creators Update から、フォントのレンダリング方法が高解像度の ClearType レンダリングに変更されました。しかし、ClearType は描画速度が非常に遅く、1080p を超える解像度では Zoom Player のフルスクリーンナビゲーション インターフェイスのパフォーマンスが著しく低下します。
    以前はこの問題を解決するために、ウィンドウのフォントレンダリングを無効にする設定が必要でしたが、今回のバージョンからはこの設定が初期で有効になりました。(アドバンスドオプション / インターフェイス / 全画面ナビゲーション / 表示設定)から手動で変更することもできます。
  • onyx スキンの初期設定のウィンドウサイズが、既定のビデオサイズ960×540(以前は 604×340)に変更になりました。また albaスキンは初期設定のサイズが1280×720になりました。
  • 「フォルダ内のすべてのファイルを再生する」の動作中に、エスケープキーを押すと再生を中止できるようになりました。誤ってドライブ全体を再生した場合、Zoom Player が応答しなくなる恐れがあるためです。
  • 「フォルダ内のすべてのファイルを再生する」の動作中に、ナビゲーションキー(上下左右の矢印)を押すと再生を中止できるようになりました。
  • ユーザーインターフェイスの速度低下を防止するため、ダウンロード プラグインの同期について再設計しました。
  • Torrent プラグインを大幅に最適化し、大きなファイルリストでも素早い動作が可能になりました。
  • ダウンロード 全画面ナビゲーション インターフェイスが、多数のファイルを扱う場合でも、もっとスムーズにスクロールする事が可能になりました。
  • パフォーマンスをより改善するために YouTube (チャンネル / 検索 / トレンド)、プレイリスト、 RSS フィード メディアライブラリ プラグインが最適化されました。
  • コア文字列処理ルーチンの最適化、スクリプト解析(例えば、スキン解析)および他の領域の改善を行いました。
  • メディアライブラリ プラグインの結果エントリをリストビューで表示した時、ファイル名またはURLではなく、メディアのタイトルが表示されるようになりました(以前はサムネイルビューでのみタイトルが表示されていました)。
  • バックグラウンドタスク(メディアスクレイピング、ダウンロードプラグインの同期など)の進行中に Zoom Player を終了しようとした場合、タスク終了までの間「処理中、しばらくお待ちください…」というメッセージが表示されるようになりました。
  • メディアライブラリを開いている時のフルスクリーンとウィンドウモードの切り替えが、よりクリーンで高速でになりました(視覚的なノイズが低減しています)。

ZOOM PLAYER 14.0.0の新機能・変更機能をご紹介いたします。

「ZOOM PLAYER 14.0.0」の新機能

  • 新しいダウンロード&トラッキングプラグインAPIが開発されました。新しいAPIは再生する代わりに、ダウンロード&トラッキングAPIに渡すファイル拡張子またはURLサブストリングを指定できます。

    この情報は、以下で指定されます:
    アドバンスドオプション / ファイル形式の関連付け / ファイル拡張子 : ダウンロード

    APIを使用すると、サードパーティのダウンロードソフトウェアと統合するプラグインを作成したり、コンテンツ自体を直接ダウンロードしたりすることができます。

    APIの追跡部分には、現在のダウンロード状態と、ダウンロードが現在再生可能であるかどうかが表示されます。この情報は、メディアライブラリ、ファイルブラウジング、ダウンロード トラッキング 全画面ナビゲーション インターフェイスに表示されます。

  • ダウンロード トラッキング ナビゲーション インターフェースが拡張され、ダウンロード中にメディアファイルの再生をいつ開始できるか予測できるようになりました。

    新しいTorrentプラグインを使用している場合、この予測はメディアファイルの最初と最後に正常にダウンロードされたTorrentピースの数に基づいて行われます。

    デフォルトでは、これはファイルの先頭から2%、最後から1%にあたります。

    qBittorrent 3.4b2 のカスタムビルドは、32ビットと64ビットの両方のバージョンで利用可能になりました。このカスタムビルドは、新しいTorrentプラグインがTorrentを順次ダウンロードしたり、Torrent速度を設定したり、ダウンロード中のメディアファイルに再生を開始できる十分な部分があるかどうかを判断するために必要です。

    ダウンロード 32bit/64bit:
    http://inmatrix.com/download/qbittorrent_3.4.0_setup-32bit_custom-build.exe http://inmatrix.com/download/qbittorrent_3.4.0_setup-64bit_custom-build.exe

    注意:
    このカスタム機能はすでに qBittorrent のコードベースに統合されており、次回の正式リリースで利用できる予定です。

    更新された qBittorrent EXE がない場合、ダウンロードトラッカーのファイル名の隣には再生準備アイコンではなく “?” が表示されます。また、新しいTorrentは連続した順序、または指定されたdl / ul速度で自動的にダウンロードされなくなります。

    Torrentsプラグインの使用方法を示す簡単なスライドショー:
    https://www.facebook.com/zoomplayer/videos/1475689062513061/

    パブリックドメインとクリエイティブなビデオ共有のためのライブラリーとSeedbox(シードボックス)を構築しました。あなたのビデオをZoom Playerのユーザーベースに公開したい場合は、以下よりご連絡ください:
    https://inmatrix.com/email/business.shtml

  • ダウンロード追跡プラグインは、「アドオン/インターフェース/全画面ナビゲーション/ファイルラッカー」の下の新しいインターフェイスを使って有効化、無効化などの設定をすることができます。
  • プレイリストをメディアライブラリのカテゴリに割り当てることができる、新しいプレイリストのメディアライブラリ ソース プラグインを追加しました。
  • メディアライブラリーの全画面インターフェイスの設定ページで、オーディオレンダリングデバイス(オーディオ出力)を選択することが可能となり、さまざまな出力モード(ルーム間のオーディオ切り替え、スピーカー設定、ヘッドフォン出力など)を簡単に切り替えることができます。
  • メディアライブラリーの全画面インターフェイスの設定ページで、動画レンダリングデバイスを選択することが可能です。異なるレンダリング品質を簡単にテストできますが、特定の動画が希望の動画レンダラーで正しく再生されない場合があります。
  • 3DYDダイレクトショーフィルタを使用してFacebookの動画URLを再生するための新しい “Facebook”スマートプレイプロファイルを追加しました。
  • 3DYDダイレクトショーフィルタを使用してviemo動画URLを再生するための新しい「Vimeo」スマートプレイプロファイルを追加しました。
  • 3DYDダイレクトショーフィルタを使用してDaily Motionの動画URLを再生するための新しい “Daily Motion”スマートプレイプロファイルを追加しました。
  • ストリーミング動画をサポートする新しい “ストリーミングサービス”スマートプレイプロファイルを追加しました:

    – bofunk.com
    – break.com
    – ebaumsworld.com
    – godtube.com
    – liveleak.com
    – tcmag.com
    – teamfourstar.com
    – veoh.com
    – vk.com
    – vkmag.com
    – yourepeat.com

  • 新機能(アドバンスドオプション/再生/履歴)により、ファイルやURLが再生履歴に保存されないようにできます。”\ some folder name \”や “someurl.org”のように部分文字列で指定してください。
  • 新機能(アドバンスドオプション/再生/履歴)により、ファイルやURLが再生履歴ダイアログに表示されないようにしながら、かつ再生位置、音量、字幕トラックなどを記憶しておくことができるようになりました。”\ some folder name \”や”someurl.org”のように指定してください。
  • 新機能(アドバンスドオプション/再生/コントロール)により、指定されたパスやテキストを含むファイルやURLを再生するときは、コンテンツの検索を無効にできるようになりました。
  • 新機能 (アドバンスドオプション / 再生 / オーディオ / 周波グラフィック) により、周波グラフィック付きで再生中にオーディオレンダラーを上書きできるようになりました。

    これにより、「DC-Crossfadingオーディオレンダラ」を使用して、開始/終了/再生/停止/シークのボリュームフェーディング効果をサポートすることができます。
    これは、WinAmpがトラック間でオーディオをフェードアウトする方法と似ています。

    DC-Crossfadingオーディオレンダラーをダウンロードする:
    (http://www.dsp-worx.de/?n=14)

  • 新設定(アドバンスドオプション / インターフェイス / 全画面ナビゲーション) により、セカンダリモニタにすべてのナビゲーションインターフェイスを表示できるようになりました。
  • 新設定(アドバンスドオプション / 再生 / コントロール) により、チャプターが入っていないメディアで、次/前のチャプター機能を使用した時に次/前のトラックに切り替えるかどうかを設定できるようになりました。この設定はデフォルトで有効になっています。
  • 新設定(アドバンスドオプション / 再生 / オーディオ / 周波グラフィック) により、周波グラフィック付きで曲を再生した後、指定した時間(ミリ秒)遅延させることができるようになりました。
  • 新設定(アドバンスドオプション / 再生 / オーディオ / 周波グラフィック)により、周波グラフィックのレンダリングフレームレートを指定できるようになりました。デフォルトは30fpsです。
  • 新設定(アドバンスドオプション / 再生) により、ストリームが予期せず切断された場合にライブストリームをリロードすることができるようになりました。
  • 新設定(アドバンスドオプション / インターフェイス / プレイリスト)により、現在プレイ中のメディアを削除すると、プレイリスト内の次のメディアを自動的に再生できるようになりました。この設定はデフォルトでは無効になっています。
  • メディアライブラリのカテゴリ設定内の新設定「メディア派生タイトルを使用してスクレーピング(ファイル名の代わりに)」により、オンラインでスクレーピングを行う際に、メディアのタイトル(ファイル名ではなく)を使用できるようになりました。
  • メディアライブラリのカテゴリ設定内の新設定「サムネイルの上にメディアの位置/時間を表示しない」により、現在の再生位置とメディアの再生時間をサムネイルの上に表示させないことが可能になりました。
  • メディアライブラリのカテゴリ設定内の新設定「サムネイルの上部にメディア形式(オーディオ/ビデオ/画像)アイコンを表示しない」により、サムネイルの上にメディア形式インジケータアイコンを表示させないことが可能になりました。
  • 新設定(アドバンスドオプション / オンスクリーンディスプレイ)により、OSDクロックの位置を制御できるようになりました。
  • ストリーミングURLのチャプターポイント(ブックマーク)を作成して保存できるようになりました。
  • 再生中の動画(Alt + F キーボードマクロ)のスクリーンショットを撮ると、現在の再生位置がファイル名の一部として保存されるようになりました。
  • 全画面情報ナビゲーション インターフェイスに、MediaInfo.dllプラグインを使用して抽出されたメディアフォーマット情報が含まれるようになりました。
  • 全画面ストリーム選択 ナビゲーションを開く/閉じることのできる新しい(オプション)コントロールバーボタンを追加しました。
  • 現在のオーディオトラックを設定する新しい “exSetAudTrack”拡張機能を追加しました。
  • 現在の字幕トラックを設定する新しい “exSetSubTrack”拡張機能を追加しました。

「Zoom Player 14.0.0」の変更機能

  • ファジィ検索アルゴリズムを使用して、ファイル/フォルダ名からより多くの望ましくないキーワードを除外することによって、メディアライブラリ “TheMovieDB”プラグインのムービー/TVの検出精度が向上しました。
  • 内部画像デコーダ(JPEG / GIF / PNG / BMP)が、Webサーバ(画像URLが並んだプレイリストなど)から画像を直接ダウンロードして表示することが可能になりました。
  • 「ストリーミングリンクを開く」または「キーボードからストリーミングリンクを開く」機能を使用すると、現在の再生に影響を与えることなく、ダウンロード可能なURLを一致するダウンロードプラグイン(例 .torrent/magnet links)に中継します。
  • メディアライブラリの「RSSフィード」プラグインの最大キャッシュされたエントリを2000に、説明の長さを3500文字に上限にしました。また、RSSプラグインデータが長過ぎると表示されなくなりました。
  • プレイリストの全画面ナビインインターフェースにおいて、現在再生中のトラックの隣に再生アイコンが表示されるようになりました。
  • YouTube 検索とトレンドのメディアライブラリプラグインが、新しいカテゴリを作成するときに検索/トレンドのサムネイルを使用するようになりました。

    この変更は以前に作成されたカテゴリには適用されません。新しい画像は、カテゴリ設定ダイアログを使用して手動で割り当てることができます。

    デフォルトでは、新しいイメージは以下に配置されます Windows 64bitの場合:
    “c:\Program Files (x86)\Zoom Player\MediaNavPlugins\YouTube_Search.jpg” “c:\Program Files (x86)\Zoom Player\MediaNavPlugins\YouTube_Trending.jpg”

    Windows 32bitの場合:
    “c:\Program Files\Zoom Player\MediaNavPlugins\YouTube_Search.jpg” “c:\Program Files\Zoom Player\MediaNavPlugins\YouTube_Trending.jpg”

  • 新しいバージョンのアップデート通知に、最新バージョンで変更された内容の要約リストが表示されるようになりました(このバージョンの次にリリースされるバージョンから表示されます)。
  • メディアライブラリのカテゴリ設定「スクレイプ フォルダのサムネイルに、フォルダ名の代わりにフォルダに含まれる最初のビデオファイルの名前を使用する」機能が改善し、TVジュークボックスモードではファイル名から番組名だけを抜き出し、シーズン/エピソード番号を抜き出すことがなくなりました。
  • プレイ履歴を整理する(ボタンを使用して)時に、URLエントリは消去せず、ディスクドライブから消去されたローカルファイルのみを消去するようになりました。
  • サムネイルとメタデータのキャッシュフォルダが、毎回終了時ではなく週に1回クリアされるようになり、Zoom Playerを終了する時間が短縮されました。
  • メインのナビゲーションアイコンの多くが、デフォルトのナビゲーションテーマに合わせた外観にブラッシュアップされました。
  • 「不明」のアイコンが、UXの設計に合わせて更新されました。
  • 新しいカテゴリを作成するときに、メディアライブラリプラグインAPIがローカルファイルのサムネイルを受け取るようになりました。
  • その他、既知の不具合の修正を行いました。

ZOOM PLAYER 13.7.1の新機能・変更機能をご紹介いたします。

「ZOOM PLAYER 13.7.1」の新機能

  • チャプターエディターを使用してチャプターを追加すると、タイムラインにチャプターの位置がすぐに表示されます(タイムラインの表示が有効な場合)。

「ZOOM PLAYER 13.7.1」の変更機能

  • コンマ小数点記号のある国で、メディアライブラリがテキストの高さとサムネイルの間隔の数値を切り捨て処理するバグを修正しました。

    例:サムネイルのテキストの高さを「1.95%」に指定すると、実際は「1%」になっていました。

  • “.PLS/.XSPF” プレイリストの読み込み時に、プレイリストの最初の項目が再生されなかった場合ZoomPlayerがフリーズする不具合を修正しました。
  • 非アクティブなナビゲーションのテキスト行の背景が描画されていなかった不具合を修正しました。
  • 情報ダイアログが表示されている場合に、「I」キーで閉じるようにしました。
  • 一部の条件において、メディアライブラリカテゴリの並べ替え順と最後のフォルダ位置がリセットされる不具合を修正しました。
  • コントロールバーをフルスクリーンで固定幅で表示するように設定しても、コントロールバーがセカンダリモニターの正しい位置に表示されない不具合を修正しました。
  • コントロールバーを画面の上部または下部に表示するように設定しても、コントロールバーがセカンダリモニターの正しい位置に表示されない不具合を修正しました。
  • メディアライブラリ カテゴリエディタで、言語パックをインストールした際、現在有効なスクレイピングモード、サムネイルの縦横比、およびサムネイルの列が表示されない不具合を修正しました。
  • プレイリストエディタの行間隔が、うまく機能しない不具合を修正しました。
  • 文字の高さが一定ではないフォントを読みやすくするために、メディアライブラリのサムネイルテキストの描画を調整しました。
  • 新しいコンポーネント/フィルタ通知が、新しいコンポーネントが利用可能でなくても動作する不具合を修正しました。

ZOOM PLAYER 13.7の新機能・変更機能をご紹介いたします。

「ZOOM PLAYER 13.7」の新機能

  • メディアライブラリの設定ページが拡張され、全画面ナビゲーションインターフェイスを終了することなく設定ができるよう、各カテゴリのレイアウトとカテゴリリストが再構成されました。

    以下のカスタマイズオプションが利用可能になりました。

    カテゴリごと:

    1. アスペクト比
    2. テキストボックスの行数
    3. テキストの高さ
    4. 水平間隔
    5. 垂直間隔

    全体:

    1. カテゴリの列数
    2. カテゴリテキストボックスの行数
    3. カテゴリテキストの高さ
    4. テキストマージン
  • 既定のフルスクリーンナビゲーションスキンが調整され、視覚障害者用ディスプレイと小型ディスプレイ用のより大きなフォントを備えた新しいバリエーションが追加されました。
  • モニタのDPI設定に基づくスキンなしのダイアログの自動スケーリングに対応しました。これは、4K以上の解像度の画面で大きく役立ちます(デフォルトでは無効になっています。後述の「スキンなしのダイアログの拡大縮小」を参照してください)。
    4K/8K 用スキンインターフェイスは、Inmatrix.comショップにいくつかのオプションがあります。
  • Windows標準ダイアログ(ファイルのオープン/セーブ、フォルダブラウザ、フォントセレクタ、カラーセレクタなど)の高DPIスケーリングに対応しました。
  • DirectShowを使用して再生する場合、YouTube字幕がサポートされるようになりました。
  • YouTubeプラグインが調整され、チャンネル名がより目立つ位置に表示されるようになりました。
  • 標準メディアのボトムメタデータに、フォーマット(MP4/MP3などのファイル拡張子)のフィールドが追加されました。
  • イコライザーのフルスクリーン ナビゲーション インターフェースに、半透明のイコライザーバーが含まれるように改良されました。
  • メディアライブラリのカテゴリリスト サムネイルビューで描画される列の数を指定する新しい設定が追加されました(アドバンスドオプション/インターフェイス/全画面ナビゲーション/表示設定)。
  • メディアライブラリのカテゴリリスト サムネイルテキストに使用されるテキストの高さを指定する新しい設定が追加されました(アドバンスドオプション/インターフェイス/全画面ナビゲーション/表示設定)。
  • メディアライブラリのカテゴリリスト サムネイルビューで描画されるテキストの行数を指定する新しい設定が追加されました(アドバンスドオプション/インターフェイス/全画面ナビゲーション/表示設定)。
  • メディアライブラリのサムネイルテキスト周辺の余白を指定する新しい設定が追加されました(アドバンスドオプション/インターフェイス/全画面ナビゲーション/表示設定)。
  • カスタム値(自動/ 100%/ 125%/ 150%/ 200%/ 300%/ 400%)を使用して、スキンなしのダイアログのスケーリングを上書きするための新しい設定が追加されました(アドバンスドオプション/システム)。
    この手動制御は、画面の解像度に関係なく、視覚障害者の利便性をさらに向上させます。
  • qBitTorrent v3.3.13の新しいセキュリティ強化のサポート。 旧バージョンのZoom Playerでは、qBitTorrent v3.3.12を使用してダウンロードをトラッキングする必要があります。
  • メディアタイトルがM4V / MP4ファイルでも正しく抽出され、表示されるようになりました。
  • オーディオビジュアライゼーションが、ステーションマネージャーで “ラジオ” ステーションとして定義されている場合、ストリーミングオーディオステーションで機能するようになりました。
  • SHOUTcastとICEcastストリームのストリーミングするために使用するDirectShowフィルタをコントロールする新しいスマートプレイ設定。
  • ファイル名、URL、またはその両方が入力された場合、Zoom Playerがプロファイルを使用するかどうかを決定する新しいスマートプレイプロファイル設定が追加されました。
  • 新しいスマートプレイが追加されました。 “MP3(ストリーミング)”プロファイルは、ストリーミングMP3ファイルで使用するフィルタを指定するために使用されます(デフォルトではLAVソース)。
  • ライブSHOUTcast/ICEcastストリームを再生すると、オンスクリーンディスプレイが現在再生中のトラック名で更新されるようになりました。
  • 内部スクリーンセーバーに再生メディアの現在の再生位置が表示されるようになりました。
  • 現在再生中のメディアのタイトルをクリップボードにコピーする新しい “fnTitleToClipboard”機能が追加されました。
  • 字幕のオン/オフを切り替える新しい”fnToggleSub”機能が追加されました。
  • 再生中のDirectShowソースフィルタからWindowsのクリップボードに直接再生メディアファイルまたはURLをコピーする新しい “fnMediaSrcToClipboard”関数が追加されました。
  • Windows Media Player ActiveXコントロールを使用してWindowsメディアコンテンツのストリーミングを有効または無効にするための新しい “fnWMPActiveX”機能が追加されました。
  • Windows Media PlayerのActiveXコントロールをWindows Mediaコンテンツストリーミングで使用するかどうかを直接設定する新しい “exWMPActiveX”拡張機能が追加されました。

    0 =無効
    1 =有効

「ZOOM PLAYER 13.7」の変更機能

  • TheAudioDB.comとの協力により、アルバム名の識別アルゴリズムが改善されました(アルバムメタデータのスクレイピングやメディアライブラリ内のカバーアートに使用されます)。
  • メディアライブラリのサムネイル フォントサイズの設定が不適切であったため、異なるアスペクト比のサムネイルの整合性の維持に不具合が出ていました。
    これについては、テキストのレンダリングコードを書き直し、新しいデフォルトが適用されたため、以前のサムネイルレイアウト設定に影響を与える可能性があります。
  • サムネイルがメモリにキャッシュされている場合、カテゴリを切り替える際の時間が少し早くなりました。
  • ステーションマネージャーにステーションを追加すると、新しく作成されたステーションが自動的に強調表示されます。
  • SHOUTcastタイプのストリームにLAV Sourceがデフォルトで使用されるようになりました。
  • LAV Sourceを使用してSHOUTcast / ICEcastコンテンツをストリーミングした時に、再生トラックがタイトルとタイムラインのエリアに正しく表示されるようになりました。
  • URLを含む “.PLS”プレイリストを開くと、SHOUTcastストリーミング オーディオ ステーションが含まれているとみなされます。
  • 非常に高解像度の画面ではオプションダイアログの検索ウィンドウが小さく表示されますが、結果行が多く表示されるようになりました。
  • 翻訳されたテキストのためのスペースを増やすために、SHOUTcastステーションブラウザのダイアログを微調整しました。
  • その他、既知の不具合を修正しました。

ZOOM PLAYER 13.5の新機能・変更機能をご紹介いたします。

「ZOOM PLAYER 13.5」 の新機能

  • 既定の全画面ナビゲーション インターフェイスのサムネイル領域を拡張し、より広く見やすいスタイルに変更されました。
    *メディアライブラリのカテゴリ サムネイルビューでは、スキンのスクリプトとアドバンスドオプションのカスタマイズ設定に応じて、サムネイルのテキストまたはメディアアイコンの背後にある領域が暗くなります。>
  • Zoom Playerのストリーミングラジオ局サポートが、SHOUTcast Directory APIと統合され、何千ものストリーミングラジオ局に簡単にアクセスできます。
    以前のバージョンでは、すでに廃止されたステーションも表示されていましたが、SHOUTcastディレクトリはリアルタイムで更新されるため、すべてのステーションが動作可能であることが保証されています。
  • Zoom Playerは、3DYD YouTubeソースフィルタのDASHストリームをサポートし、1080p / 4K / 8Kの解像度でDirectShow YouTubeストリーミングを可能にしました。
  • Windows 10 Creators Edition の更新により重大なパフォーマンスの問題が起きました。この更新で、MicrosoftはClearTypeフォントのアンチエイリアスをより大きなフォントサイズに強制しました。これにより、QHD(2560×1440)と4K(3840×2160)画面で重大なナビゲーションパフォーマンスの低下が起きています。

    詳しくは:
    http://stackoverflow.com/questions/43895435/exttextoutw-x50-performance-drop-on-qhd-4k-screens-after-windows-creators-editio

    回避策として、Zoom Playerは全画面ナビゲーションテキストのレンダリングに使用されるフォントのアンチエイリアスモードを制御する新設定(アドバンスドオプション / インターフェース / 全画面ナビゲーション / 設定)を導入しました。

    *メディアライブラリのRSSフィードプラグインは、RSSフィードに存在しなくなった以前のエントリをキャッシュし、RSSフィードサーバが一時的にダウンしてもキャッシュエントリを表示します。

  • キーボードショートカット「Shift + “Delete”」に割り当てられた新機能 “fnPLEraseFiles” を使用すると、プレイリスト内の選択したすべてのファイルがごみ箱に消去されます(確認プロンプトが表示されます)。
  • 新機能 “fnOpenStreamInBrowser” は、現在再生中のストリームをWebブラウザで開きます(YouTubeリンクに役立つ可能性があります)。
  • LAVスプリッターが正確なシーク位置ではなく、キーフレームをシークするようにする(シーク速度は速くなるが精度が落ちる)新設定(アドバンスドオプション / 再生 / 動画)。
  • IFRAMEプレーヤーを使用して1080p / 4K / 8Kコンテンツをストリーミングできるように、YouTube IFRAME Player の推奨ストリーミング解像度を選択するための新設定(アドバンスドオプション / 再生)。
  • IFRAMEプレーヤーを使用してYouTubeコンテンツを再生するときのインタラクティビティを可能にする新設定(アドバンスドオプション / 再生)。
    ・再生中タイトルのファイル拡張子をウィンドウ表示する(既定はオフ)新設定(アドバンスドオプション / インターフェース / ディスプレイ)。
  • Media LibraryプラグインAPIが、カテゴリごとのストレージパス(RSSフィードキャッシングなど)と、プラグインを使用しているするカテゴリが削除された時にクリーンアップのため呼び出される新機能を受けて拡張されました。
  • 内部スクリーンセーバーを有効にする新機能により、スクリーンセーバーを有効にしたまま、ユーザーインターフェイス アクション(ホットコーナーのクリックなど)をフックできるようになりました。
  • 現在再生中のメディアのパス/ URLを Windows クリップボードにコピーする新しい機能。
  • ステーションエディタで特定のWebページを「ステーション」と定義して、Zoom Player の内蔵Webブラウザで開くことができます。
  • 新しいスキンスクリプトのパラメータで、各全画面ナビゲーション インターフェイスのテキスト行数を制御できます。

「ZOOM PLAYER 13.5」の変更機能

  • 統合キーボード マッピング エディタが、高DPIディスプレイをよりよくサポートするために修正されました。さらに追加で、ダイアログもリサイズ可能になりました。
  • 統合キーボード マッピング エディタに、キーボードのスキャンコードまたはインターフェイスインデックスを識別するために使用される他のコードを示す「コード」列が表示されるようになりました。
  • 全画面ナビゲーションの最適化により、スキンが選択されていない/空白の行の背景を指定していない場合、約10%の線描画コードが表示されます。
  • サムネイル表示の表示位置が読みやすくするなりました。テキストの背景に異なるエフェクトを使用することで、ノイズの多いサムネイルでもテキストがさらに目立つようになりました。
  • メイン全画面ナビゲーション インターフェイスのマウストラッキングは、他のインターフェイスの仕様と矛盾するため無効になりました。
  • メイン全画面ナビゲーション インターフェイスのクリック方式が変更され、メディアライブラリのサムネイルクリック方式と同じように動作します。
  • 「クリップボードからストリーミングURLを開く」キーボードショートカットが、Alt + Shift +「U」からAlt + Ctrl +「U」に変更されました。これは DirectShow YouTube ソースフィルタが、Shift キーを押しっぱなしにするとビデオストリーミングの品質オプションをポップする仕様との競合を避けるためです。
  • エラーダイアログのサイズが、Zoom Playerのインターフェイス幅の94%に制限されるようになりました。
  • オプションダイアログからアクセスできる Zoom Player のニュースフィードが簡素化され、これまで発生していた javascript エラーをなくすことができます。
  • その他、既知の不具合を修正しました。

ZOOM PLAYER 13.5の新機能・変更機能をご紹介いたします。

「ZOOM PLAYER 13.0」の新機能

  • サードパーティの開発者がプラグインによって提供されるコンテンツメタデータに基づいてメディアライブラリ カテゴリを作成できる、新しいメディアライブラリ プラグインシステム。
  • 新しいメディアライブラリ プラグインシステムの機能を実証するために、「YouTubeチャンネル」、「YouTube検索」、「YouTubeトレンド」のメディアライブラリ カテゴリプラグインを実装するためのオープンソースプロジェクトが作成されました。
    – YouTubeチャンネル:YouTubeチャンネルのURLを指定すると、プラグインは自動的にチャンネルのカテゴリ画像のダウンロードと、チャンネル名の取得を行い、YouTubeチャンネルを表示するのに最適なデフォルトのカテゴリとレイアウトを設定します。
    – YouTube検索:検索語句を指定するだけで、プラグインは関連性に基づいて結果を返します(YouTubeの情報に基づき決定)。
    – YouTubeトレンド:国を選択すると、その国のYouTubeが決定した利用可能なトレンドカテゴリがプラグインに表示されます。トレンドカテゴリリストから選択するか、「すべて」を選択してください。
    – プラグインの使用:新しいプラグインは、メディアライブラリ カテゴリエディタ(Shift + “M”)の[カテゴリの作成]ボタンの隣にある新しいドロップダウンリストのエントリからアクセスできます。
    – YouTubeメディアライブラリのカテゴリプラグインのソースコードはGitHubにあります:https://github.com/bLightZP/Delphi-YouTube-Channel-parsing-plugin-for-Zoom-Player
  • 新しいメディアライブラリ プラグインシステムの機能を実証するため、「RSS Feed」カテゴリプラグインを実装するためのオープンソースプロジェクトが作成されました。
    RSSフィードURLで指定されたメディアは、メディアライブラリカテゴリに一覧表示されます。
    「RSS Feed」メディアライブラリカテゴリプラグインのソースコードはGitHubにあります:https://github.com/bLightZP/Delphi-RSS-feed-parsing-plugin-for-Zoom-Player
  • 新しい字幕ダウンロードプラグインシステムから、サードパーティの開発者がメディアライブラリ コレクション用の字幕をダウンロードするプラグインを作成できるようになりました。
  • 新しい字幕ダウンロード プラグインシステムの機能を実証するため、’OpenSubtitles.org’字幕ダウンロードプラグインを実装するためのオープンソースプロジェクトが作成されました。
    新しいプラグインは、新しくデザインされた詳細オプションダイアログの “字幕”ページ(再生/ビデオ/字幕)からアクセスできます。
    注意:OpenSubtitles.orgはIPによる匿名ダウンロードを制限し、設定ダイアログを使用した匿名ログイン制限の回避のためにユーザー名とパスワードが必要となります(登録は無料でパスワードはMD5ハッシュとして保存され、クリアテキストではありません)。
    ‘OpenSubtitles.org’字幕ダウンロード プラグインのコードはGitHubにあります:
    https://github.com/bLightZP/Delphi-OpenSubtitles.org-API-support-for-Zoom-Player
  • 新しいYouTube IFRAME(ウェブベース)プレーヤーをサポートし、正式なYouTube再生を提供します。 すべてのYouTube URLは自動的に新しいIFRAMEプレーヤーインターフェイスを使用します。オプションでIFRAMEプレーヤーのサポートを無効にすると、DirectShowを使用して再生します(アドバンストオプション/再生 > YouTube IFRAME ビデオプレーヤーを使用してYouTubeコンテンツを再生する)。
  • TheAudioDB.com のAPIを使用してオーディオファイルのアルバムアートやメタデータをダウンロードする新しいメディアライブラリスクレーパー。
    過去にすでに音楽カテゴリを作成していた場合は、カテゴリエディタを使用してカテゴリを再設定し、スクレーパーを使用して再スクラップする必要があります。
    新しいカテゴリは自動的にTheAudioDBスクレーパーを使用します。
    TheAudioDB.com スクレイパーのソースコードはGitHubにあります:https://github.com/bLightZP/Delphi-theaudiodb.com-Zoom-Player-media-scraping-plug-in
  • Zoom Playerインストールセンターは、ダウンロードツールを使用することなく新バージョンのインストールをサポートするようになりました(v13リリース以降のアップデートにのみ適用されます)。
  • 内部オーディオスクレーパーが、MediaInfo ID3 / TAG情報を抽出し、メディアライブラリの下部情報エリアに表示するようになりました。新しいコンテンツを表示するには、オーディオファイルを再スクラップする必要があります。
  • 新しい Alt+”/” キーボードマクロで、現在再生中のビデオの字幕を検索できます。
    この機能にアクセスするには、新しい「ダウンロード」サブメニューの右クリックコンテキストメニューを使用してください。
  • 選択したビデオファイルの字幕ファイルをダウンロードする機能を追加しました。この機能は「ダウンロード」サブメニューの右クリックコンテキストメニューからアクセスできます。
  • ホットコーナーに拡張機能を割り当てたり、外部プログラムを実行したりできるようになりました。 なお、この機能強化により、過去に割り当てられたホットコーナー機能はリセットされています。
  • 新設定(アドバンストオプション/再生/スマートプレイ):スマート再生プロファイルでカバーされていないURL”http/https”をストリーミングする際に、使用するフィルタを選択できます
    既定のオプションは「LAVスプリッタソース」ですが、「ファイルソース(URL)」または「DirectShowで決定する」を選択することもできます。
  • 新設定(アドバンストオプション/インターフェイス/全画面ナビゲーション/カスタマイズ):メディアライブラリのサムネイル表示カテゴリリストのアスペクト比を、アルバムアート(1:1)またはワイド(16:9)で切り替えます
  • 新設定(アドバンストオプション/インターフェイス):長時間の操作中に表示されるポップアップウィンドウ(「少々お待ちください」や「読み込み中…」など)を非表示にできます
  • “Start Player in”設定用の新しいメディアライブラリ オプション(アドバンストオプション/インターフェイス/位置とサイズ)
  • 新設定(メディアライブラリ カテゴリエディタ/カテゴリの設定):メタデータの概要表示にスクレイパーエラーを表示するかどうかを指定できます。以前のバージョンでは常に有効でしたが、デフォルトで無効になりました。
  • プレイリスト全画面ナビゲーション インターフェイスのメニューに「現在のトラックをループ」設定が追加されました。
  • プレイリスト全画面ナビゲーション インターフェイスのメニューに「再生完了時」設定が追加されました。
  • DNxHDコーデックでエンコードされたメディアファイル用の新しいスマートプレイ プロファイル。
  • 長い時間がかかる操作中(YouTubeチャンネルの動画リストを取得するなど)にポップアップする新しい「お待ちください」/「読み込み中」ウィンドウ
  • 新しいAlt + Shift + “U”キーボードマクロでクリップボードからストリーミングURLを直接再生できます。たとえば、YouTube動画で右クリックして「リンクの場所をコピー」してから、ズームプレーヤーでAlt + Shift +「U」を押すとビデオの再生を開始します。
    このストリーミングリンクを開く機能は、[開く]サブメニューの右クリック コンテキストメニューでも使用できます。
  • システムトレイ ヒントのファイル名/URLの代わりにメディアタイトルが表示され、Windowsのタスクバーボタンにもメディアタイトルが表示されるようになりました。
  • 再生履歴がメディアのタイトルを記憶し、特にネットワークストリームやメディアライブラリ プラグインによる再生履歴がより明確になりました。
  • 新しいスキンスクリプトコードにより、各メタデータ要素のメディアライブラリのボトムメタデータのフォントとフォントスタイルを制御します。
  • “zplayer_skipfolder.txt”ファイルをフォルダに配置すると、そのフォルダとサブフォルダがメディアスキャナに表示されなくなります。

「ZOOM PLAYER 13.0」の変更機能

  • 全画面ではなく全画面ナビゲーションアイコンが必要に応じてロードされることでメモリー使用量が削減され、初期起動時間が約33%短縮されました。
  • ナビゲーションインターフェイスのサイズが15%縮小され、低速のHDDフラッシュドライブ搭載PCでもZoom Playerの初期フルスクリーンナビゲーションインターフェイスが開くようになりました。
  • TheMovieDBのスクレーパー初期化コードがクリーンアップされ、特にネットワーク接続の問題がある場合、Zoom Playerの起動が早くなります。
  • 再生履歴の検索機能が特定のスペース文字(”.”,”-“,”_”)を無視することで、より使いやすくなりました。
    以前のバージョンでは、ファイル名が「a.series.of.unfortunate.events」の場合、「a series」では検索に一致しませんでした。
  • プレイリスト全画面ナビゲーション インターフェイスの機能メニューのエントリを並べ替えました。
  • Alba のスキンタイムラインデザインが視覚的に強化されました。
  • メディアライブラリ カテゴリエディタの[メディアライブラリを開く]ボタンを押すと、現在編集されているカテゴリが選択された状態でメディアライブラリが開きます。
  • 再生履歴ダイアログで最近再生されたアイテムがリストの最初に表示されます。
  • 再生履歴ダイアログの開く速度が速くなりました。
  • メディアライブラリでHOME / END / PGUP / PGDNキーを使用できるようになりました。サムネイルのミニメニューを使用して、4つのミニメニューアクションに簡単にアクセスできます。
  • DVDブックマークエディタがより分かりやすいブックマーク名を生成し、「チャプターを追加」ボタンの隣で指定するとそのテキストを含むようになりました。
  • DVDブックマークの全画面ナビゲーション インターフェイスで、DVDのチャプターを探すことができます。各項目の横に新しいアイコンが表示され、DVDチャプターまたは保存されたブックマークであることを示します。
  • 10分未満の動画のサムネイルの時間表示が、”09:30″と表示されるようになりました。
  • メディアライブラリを開くと、現在再生中のメディアの最後に再生された位置がすぐに更新されます(以前は再生中のメディアが閉じられた時に更新)。
  • ステーションリスト ダイアログがステーションリスト内のスクロールオフセットを記憶して復元し、毎回ダイアログを最後の表示位置に戻します。
  • セキュリティ対策として、起動時に”DefaultSettings.exe”ツールがZoom Playerをデフォルト設定にリセットするか、確認を求めるようになりました。
  • 誤クリックを防ぐために、ディスクドライブの取出しのキーボードマクロが “/” から Ctrl+”/” に変更されました。
  • メディアライブラリ カテゴリエディタのダイアログが、ダイアログを閉じるたびにカテゴリタイプをリセットしなくなりました。
  • メディアライブラリーおよびファイルブラウジング全画面ナビゲーション インターフェースのクイック検索機能が、タイトルが存在する時にはファイル名/URLの代わりにメディアタイトルを使用しようするようになりました。
  • キーボードを使用してメディアライブラリを検索すると、ファイル名の代わりにメディアタイトルが検索されます(メディアタイトルが存在する場合)。
  • メディアライブラリを開く時にカテゴリを間違えるのを防ぐために、メディアライブラリのカテゴリリストを編集した後は、メディアライブラリを開くと常にカテゴリリストが表示されます(以前はメディアリストで開いていました)。
  • MediaInfoをリリース時の最新バージョンに更新しました

ZOOM PLAYER 12.7の新機能・変更機能・修正点をご紹介いたします。

「ZOOM PLAYER 12.7」の新機能

  • Zoom Playerの各種設定とプロファイルをZIPファイルに保存し、後から復元することができる設定のエクスポート/インポート機能が実装されました(Windows Store版のZoom Playerと互換あり)。
    どちらもアドバンスドオプションの”ヘルプ/出力”ボタンから使用できます。
    エクスポート機能では、次の設定がサポートされています。
    1. ライセンスコード ファイル
    2. オプションダイアログの設定
    3. スマート再生のプロファイル
    5. スキンカラーのプロファイル
    6. イコライザーのプリセット
    7. メディア ライブラリのカテゴリー
    8. 再生履歴のキャッシュ
    9. 再生スケジューラーのスケジュール
    10. ストリーミング ステーションマネージャーのエントリー
    11. カスタム 右クリックメニューのスクリプトファイル
    12. カスタム メディア/ DVD の背景画像
    13. カスタム メディア/ DVD のキーボードマッピングファイル
  • スマートプレイ ソースフィルタの設定ダイアログで、ファイル拡張子の代わりに(またはファイル拡張子と組み合わせて)部分的なURLを指定できるようになり、サイトのURLに基づいてカスタムフィルタを設定できるようになりました。
    これにより、”3DYD YouTube Source”のようなフィルタを使用して、YouTubeのコンテンツを直接ストリームすることができます(https://ys.3dyd.com/)
  • 2つの新しいカテゴリー「テレビ番組」と「映画」が導入されました。Zoom Player は従来のカテゴリーを「スクレイプコンテンツモード」に基づいて新しいカテゴリーに自動的に割り当てます。
  • カテゴリーリストの下に表示されるメディアライブラリのフィルタアイコンに、キーボードを使用してアクセスできるようになりました。最初または最後のカテゴリーエントリの上でキーボードの上下矢印キーを押してご使用ください。
    この機能をアクティブにすると、左右矢印キーを使用してフィルタリングモードを切り替えることができます。
  • プレイリストエディタとプレイリストの全画面ナビゲーション インターフェイスで、現在再生中のトラックの横に現在の再生位置が表示されるようになりました。
  • 新設定(アドバンストオプション/インターフェイス/全画面ナビゲーション/カスタマイズ)
    カテゴリーのレイアウトをリストかサムネイルで切り替えることができるようになりました。
  • 新設定(アドバンストオプション/インターフェイス/全画面ナビゲーション/サムネイルの表示設定)
    サムネイルのメモリーキャッシュのエンコーディング方法を設定できるようになりました。
    初期設定はメモリ使用量の最も小さい JPEG イメージとなっています。しかし、特にローエンド CPU の場合、RAW 24 ビットまたは 32 ビットに切り替えることでパフォーマンスが向上します。
  • 新設定(アドバンストオプション/インターフェイス/全画面ナビゲーション/設定)
    メディアライブラリの全画面ナビゲーションに、「メディアスキャナー」を表示する設定が追加されました。
  • 新設定(アドバンストオプション/インターフェイス/全画面ナビゲーション/設定)
    メディアライブラリのカテゴリーページに、「カテゴリーフォルダを削除」を表示する設定が追加されました。
  • 新設定(アドバンストオプション/インターフェイス/プレイリスト)
    Zoom Player に「.PLS」ファイルを解析させずに、DirectShow に解析させる設定が追加されました。これにより、SHOUTcastストリーミングの信頼性が向上します。「.PLS」ファイルを、ステーションマネージャーを介さずに SHOUTcast ステーションとして使用する場合は、この設定を有効にする必要があります。
  • 新たに追加された “/Media Filter:[Number]” コマンドラインパラメータを使用して、メディアライブラリのフィルタモードを設定できるようになりました。
    有効な値:
    0 =すべて
    1 =映画
    2 =テレビ番組
    3 =動画
    4 =オーディオ
    5 =画像
    6 =実行ファイル
  • Zoom Playerを再起動すると、メディアライブラリのフィルタモードが保存/復元されるようになりました。
  • 「ファイルを開けない場合に次の項目を再生 (無効時はエラーメッセージを表示)」設定を有効にすると、停止ボタンを押した際に次のプレイリストアイテムへの移動を停止できるようになりました。
  • ステーションマネージャーが統合された検索ボックスにより強化されました。
  • 現在再生中のメディアファイル / URL をクリップボードにコピーする「fnPlayingToClipboard」機能が追加されました。

「ZOOM PLAYER 12.7」の変更機能

  • プレイ履歴に多くのアイテムがある場合、Zoom Player の起動が早くなります。
  • 初期設定の全画面ナビゲーション スキンを最適化し、サイズ変更を少なくしてロード/オープン時間を改善し、メモリ使用量を削減しました。
  • ファイル名のハッシュ アルゴリズムを最適化し、パフォーマンスを向上させました。
  • 全画面ナビゲーションの「セーフモード」を有効にすると、メディアライブラリの「メディアスキャナー」と「カテゴリーフォルダを削除」が表示されなくなります。
  • 「ライブラリで特定の種類のメディアコンテンツを表示」設定を無効にすると、カテゴリーのすべてのメディアファイルが表示されます(従来はカテゴリーフィルタに基づいて表示されていました)。
  • ステーションマネージャーを再起動すると、選択されていたエントリーが復元されるようになりました。
  • ステーションマネージャーで、「SHOUTcast」ステーションタイプを指定できるようになりました。SHOUTcastとして設定されたすべてのステーションは、「URL(リンク)にファイル拡張子の指定がない場合、オーディオストリーミング(SHOUTcast、ICEcast)として扱う 」設定が無効になっていても、SHOUTcastストリームとして開きます。
  • ステーションブラウザまたは全画面ナビゲーションのステーションリストから追加された SHOUTcast ステーションは、自動的に SHOUTcast としてマークされます。
  • ステーションブラウザのダイアログエントリは、ダイアログを閉じて再度開くたびにリセットされなくなりました。
  • ステーション追加ダイアログ(ステーションマネージャーー)が、最後に使用されたステーションモード(テレビ / ラジオ / SHOUTcast)を記憶するようになりました。
  • 初期設定のメディアライブラリフォルダのスクレイピング ブラックリストがクリーンアップされました。
  • 「URL(リンク)にファイル拡張子の指定がない場合、オーディオストリーミング(SHOUTcast、ICEcast)として扱う 」設定は初期設定では無効になっており、また初回実行時に初期設定にリセットされます。この設定は、ストリーミングビデオと競合するため、今後のバージョンでは削除される可能性があります。また、ステーションマネージャーまたは全画面ナビゲーションを介して SHOUTcast ストリームを再生する場合には不要となります。
  • 全画面プレイリスト ナビゲーションの再生トラックが緑色から青色に変更されました。

「ZOOM PLAYER 12.7」の修正点

  • スクレイピング DLL の初期化が完了する前にメディアライブラリを開こうとするとフリーズする問題を修正しました。
  • サムネイルが選択されていない状態でメディアライブラリを使用した際に発生する「リストインデックスの範囲外」エラーを修正しました。
  • 変更されたメディアライブラリフォルダを再スクレイピングする際のメモリリークを修正しました。
  • Zoom Player がメディアファイルやURLを開いている際に、Zoom Player を閉じようとするとクラッシュする問題を修正しました。
  • 同時に1000以上のファイルや、存在しない URL を再生しようとするとクラッシュする問題を修正しました。
  • メディアライブラリのカテゴリーフィルタを使用中に、フィルタから除外されているメディアファイルを開こうとした場合、Zoom Player は自動的にフィルタを再生ファイルと一致するカテゴリーに切り替え、さらにファイルをハイライト表示するようになりました。
  • タイムラインでビデオ解像度の表示を有効にした場合は、ライブストリームの再生中も表示されるようになりました。
  • エラーメッセージの内容が画面の幅よりも広い場合、スクリーンをはみ出す問題を修正しました。
  • 再生履歴に重複する URL ストリームのエントリーがリストされなくなりました。

ZOOM PLAYER 12.5の新機能・変更機能をご紹介いたします。

「ZOOM PLAYER 12.5」の新機能

  • メディアライブラリの JukeBox モードの機能が充実しました。
    TV動画カテゴリーで JukeBox モードが有効であり、画面の右側にメディアファイルを含むフォルダが入力された時、新しいリストビューモードにメタデータ(概要、評価、継続時間など)やサムネイル(オンラインデータベースの静止画、またはビデオから抽出されたスクリーンショット)が表示されます。

    TV JukeBoxモードを正しく使用するため、以下のフォルダ構成をご使用ください:
    Show Name\Season [Number]\MediaFiles
    例:
    ・Game of Thrones\Season 1\Game.of.Thrones.S01E01.mp4
    ・Game of Thrones\Season 1\Game.of.Thrones.S01E02.mp4
    等…
  • 画面下部と動画 JukeBox のプレゼンテーションモードにあるメディアライブラリの情報エリアに、新たにメディアアイコンを表示
    メディアアイコンの表示:フォーマット(AVI/Matroska/etc…)、ビデオコーデック(H.264/HECV/etc…)、ビデオ解像度(1080p/UHD 4K/etc…)、オーディオコーデック(DTS/AAC/etc…)、オーディオチャンネル(2.0/5.1/7.1/etc…)

    メディアアイコンは、スクレイピング処理中に選別されます。アイコンを新たに表示するには、メディアライブラリを再度スクレイピングする必要があります。これはメディアライブラリ カテゴリーエディター(Shift+”M”)、またはメディアライブラリの機能ページの「スクレイピング」メニューから行うことができます。
  • 新設定(アドバンストオプション/インターフェース/全画面ナビゲーション/設定)
    メディアライブラリの情報エリアと動画 JukeBox のプレゼンテーションモードにおける、メディアアイコンの表示設定ができます。
  • 新設定(アドバンストオプション/インターフェース/全画面ナビゲーション/サムネイルの表示設定)
    サムネイル表示にダイナミック ビジュアルスクロールバーを使用するか(タブレットやタッチデバイスに最適化)、固定スクロールバーを使用するか(PCとマウス入力に最適化)を設定できます。
  • 新設定(アドバンストオプション/インターフェース/全画面ナビゲーション/カスタマイズ)
    「ナビゲーションスクロールバーのサイズ」に以下の4つが加わりました:
    1. ダイナミック 最小
    2. ダイナミック 小
    3. ダイナミック 大
    4. ダイナミック 最大
  • 新設定(アドバンストオプション/インターフェース/全画面ナビゲーション/カスタマイズ)
    「ナビゲーションリスト、サムネイルビューを強制的にフルサイズで表示する」を追加しました。
  • 新設定(アドバンストオプション/インターフェース/全画面ナビゲーション/カスタマイズ)
    「スキンスクリプトのフォント効果を上書きする(リストで使用)」設定の対象に、「ドロップシャドウ」オプションが含まれます(以前は「アウトライン」効果だけを強制的に上書きする設定だったもの)。
  • 新設定(アドバンストオプション/インターフェース/全画面ナビゲーション/サムネイルの表示設定)
    「スキンスクリプトのフォント効果を上書きする(サムネイルで使用)」設定の対象に、「ドロップシャドウ」オプションが含まれます(以前は「アウトライン」効果だけを強制的に上書きする設定だったもの)。
  • 新設定(アドバンストオプション/インターフェース/キーボード)
    ナビゲーションインターフェイスが開かれていない時に、Insertキーで使える機能を設定できるようになりました。
  • 新設定(アドバンストオプション/インターフェース/コントロールバー/タイムライン)
    再生中のメディアからキーフレーム報告がない場合でも、プレビューサムネイルを表示します。このキーフレーム報告が許可されていないメディアの場合、サムネイル取得に時間がかかることがあります。
  • 新設定(メディアライブラリ カテゴリーエディター/設定)
    ・フォルダのタイムスタンプが変更された時、フォルダサムネイルを再度スクレイピングします。
    ・アイテムが移動されるまでメインのプレイリストには影響を与えない、統合されたソートにより、高度なプレイリストコントロールがより強化されました。
    ・再生中のメディア情報ダイアログ(キーボードショートカット”I”)を改良し、メディアのファイルサイズと日付だけでなく、ファイルの完全な情報をMediaInfoLib(MediaInfo.DLL)から取得できるようになりました。
  • Zoom Player は現在、音楽、ビデオ、写真のためのWindowsの「自動再生」のオプションに表示されません。
  • ミニ カラーコントロール フルスクリーン ナビゲーション インターフェイスに、現在アイコンだけでなく名前(明度、彩度など)が表示されます。
  • ポスター/背景/静止画のスクレイピングは現在、処理を高速化するため同時に複数のスレッドを使用してダウンロードされています。
  • フルスクリーン ナビゲーション インタフェースで使用する場合、マウスの「戻る」と「進む」ボタンは、「戻る」と「決定」として機能します。
  • 新機能とキーボードマクロ(Alt+Ctrl+”T”)により、オーディオファイルの再生時にタグ表示を切り替えます。
  • 再生中のメディア情報ダイアログに追加された「クリップボードにコピー」ボタンで、「フォーマット」ボックスの内容をクリップボードへコピーします。
  • 新たなスキンスクリプトにより、フルスクリーン ナビゲーション リストのフォントのドロップシャドウ効果が有効になります。
  • 新たなスキンスクリプトにより、フルスクリーン ナビゲーション サムネイルのフォントのドロップシャドウ効果が有効になります。
  • セキュリティ強化のために、パスワード保護されたメディアライブラリのカテゴリーは、カテゴリーリスト画面のパス情報を表示しません。
  • メディアライブラリのスクレイプアイコンとカウントは、スクレイプキューだけでなく処理中のスレッドも反映し、バックグラウンドでのスクレイピング処理をより正確に行えるようにしました。

「ZOOM PLAYER 12.5」の変更機能

  • NUMロックの状態に関わらず同じ機能が使えるように、数字パッドのキーボードマッピングの初期設定が変更されました。これにより、NUMロックキーが有効になっていても、矢印キーとInsertキーに設定された機能は正常に動作します。
  • アドバンストオプション ダイアログの「キーボード」ページが、使いやすさと新機能の追加のため再編成されました。
  • メタデータのキャッシュを改善することにより、メディアライブラリのディスクへのアクセスが最適化されました。
  • オーディオ再生(フォルダ画像が使用されていない)のテキストの背景色の初期設定を、濃い灰色に変更しました。
  • フルスクリーン ナビゲーション クロックのテキストが、テキスト効果/アウトラインの設定による影響を受けなくなりました。
  • すべての更新内容は以下でご確認いただけます(英語)
    http://www.inmatrix.com/files/zoomplayer_whatsnew_archive.shtml

ZOOM PLAYER 12.1の新機能・変更機能・修正点をご紹介いたします。

「ZOOM PLAYER 12.1」の新機能

  • スクロール機能を改善し、特に古いPCやタブレットなどでのレスポンスと正確性が向上しました。
    加速と減速のスピード設定が最適化され使いやすくなりました。
  • Zoom Player FREEでZoom Player MAXの機能(フルスクリーンナビゲーション画面、再生履歴、オーディオ可視化、再生スケジュールなど)を一定期間試せるようになりました。
  • カスタムファンクションを左および右親指スティッククリック XInput(XBOXコントローラーなど)に設定できるようになりました。初期設定では左と右親指クリックは何も設定されていません。
  • メディアライブラリミニメニューエントリ(左2つ)が完全にカスタマイズできるようになりました。
  • メディアライブラリのミニメニューに3つの機能が追加されました。
    1.プレイリストに追加
    2.ファンクションメニューを開く
    3.再生/入力
  • メディアライブラリカテゴリエディタ内の”カテゴリ構成”ダイアログ設定を変更しました。
    再スクレイピングするカテゴリコンテンツの確認が可能です。
  • メタデータのスクレイピングをカテゴリで完全に無効にできる設定がメディアライブラリカテゴリに追加されました。
  • ”再スクレイピング”メディアライブラリファンクションページが”スクレイピング”に名前が変更になりました。またスクレイプしない選択をしたファイルとフォルダの確認が可能になりました。
  • アドバンスドオプション内システムに新しい設定を追加しました。Zoom Player のタスクバーアイコンを選べるようになりました。(v11や古いアイコンも選べます)。
    注意:この設定はWindowsタスクバーがボタンを統合する設定になっている場合は利用できません。
  • アドバンスドオプション/インターフェース/プレイリストに新しい設定を追加しました。
    フルスクリーンモードを終了するときにプレイリストエディターが自動的に表示されます。
  • アドバンスドオプション/オプション/コントロールバーに新しい設定を追加しました。
    コントロールバー上にマウスホイールが使用されている場合シークが無効化されます。
    (代わりにマウスホイールに初期設定されている機能が使用されます)
  • 新しい拡張機能が追加されました:
    exSeekAheadPercent : 前へシーク(再生時間の%)
    exSeekBackPercent : 後ろへシーク(再生時間の%)
    exSeekToPercent : 指定先へシーク(再生時間の%)
  • フルスクリーンナビゲーションスクロールバーの元イメージの解像度の制限がなくなりました。
    シャープ4k解像度スクロールバーのスキニング対応を追加しました。
  • コントロールバー内の音量とクローズのボタンがマウスオーバーすると色がつくようになりました。
  • すべての更新内容は以下でご確認いただけます。
    http://www.inmatrix.com/files/zoomplayer_whatsnew_archive.shtml

「ZOOM PLAYER 12.1」の変更機能

  • 旧ライセンスのアップグレード通知を起動毎から数日毎に変更しました。
  • 新バージョンがリリースされた際に、ご利用のライセンスが対応していない場合はこれを通知します。
  • メディアライブラリ内の選択していないサムネイルをクリックした場合、自動再生ではなくこれを選択し、関連するメタデータを表示するようになりました。
  • メディアライブラリのフルスクリーンナビゲーションミニメニューを表示する際にマウスホイールのスクロールが有効になりました。
  • メディアライブラリ内でマウスホイールのスクロールはリストをスクロールする操作になりました。
  • プレイリストエディターとイコライザーダイアログはMadVRがビデオレンダラとして利用されている場合フルスクリーン終了後は自動的に復元するようになりました。
  • メディアスクレイピングエラーリストが自動保存されるようになりました。
  • Zoom Player FREEで使用されているコンテンツイメージがフル1080p HD解像度に対応しました。(Zoom Player MAXは高解像度イメージに対応済み)
  • 大元で機能をオフにする設定を有効にしている場合、オプションダイアログ内で「無効」のステータスがわかりやすくなりました。
  • XInputアドバンスドオプションダイアログセクションが再構築されました。

「ZOOM PLAYER 12.1」の修正点

  • 既知のバグを修正しました。

ZOOM PLAYER 12の新機能・変更機能・修正点をご紹介いたします。

「ZOOM PLAYER 12」の新機能

  • メディアライブラリに新しくメタデータスクレイピング機能が追加されました。映画やテレビ番組のポスターや背景、画像を自動的にダウンロードしJukeBoxモードに表示します。
    以下のURLでメディアライブラリコレクションのスクレイプ方法をご案内しています。(英語)
    http://inmatrix.com/zplayer/mediascraping.shtml
  • 初期設定のフルスクリーンナビゲーション画面を最適化しました。初期設定ではないナビゲーションスキンを使用していた場合は、スキン選択ダイアログから再設定する必要があります。
  • メディアライブラリフルスクリーンナビゲーション画面内のファイルリスト/サムネイル表示のしたのエリア(以前はフィルターカテゴリアイコンが表示されてた場所)にメタデータとファイル情報が表示されるようになりました。
    カテゴリフィルタアイコンは従来通りカテゴリセクションページからアクセス可能です。
  • タスクバーとデスクトップ上のZoom Playerアイコンが新しくなりました。
  • アドバンスドオプション>インターフェースに使用すべき拡張オープンファイルダイアログ(Windows Vista以降)を確認できる設定が追加されました。初期設定は有効になっています。
    古いオープンダイアログにあった問題(高DPIモニターでいくつかのアイコンが極小で表示される)を解決しました。
  • アドバンスドオプション>インターフェース>フルスクリーンナビゲーション>設定に拡張コントロール(メディアと機能メニューを削除)をメディアライブラリ、プレイリスト、ファイルブラウズフルスクリーンナビゲーション画面のパスエリアに追加する設定が追加されました。
  • アドバンスドオプション>インターフェース>フルスクリーンナビゲーション>設定に、メディアライブラリとファイルブラウズフルスクリーンナビゲーション画面に”1つ前のフォルダ”オプションを追加しない設定を追加しました。
  • メディアライブラリエディター>カテゴリー構成に、メタデータスクレイパーが失敗した場合に、メディアファイルにあるビデオフレームをサムネイルとして使用する設定を追加しました。
  • メディアライブラリエディター>カテゴリー構成に、サムネイルの背景を暗くするかどうかの設定を追加しました。初期設定はカテゴリタイプによって決まります。
  • メディアライブラリエディター>カテゴリー構成に、各サムネイルの下にテキストライン数が表示できる設定を追加しました。メディアファイルの名前の長さに応じて、ファイル名は複数行に折りか栄表示されます。
  • メディアライブラリエディター>カテゴリー構成に、JunkBoxモードを有効にする設定が追加されました。ここでは映画のポスターや背景イメージ、メタデータがオンラインデータベース(TheMovieDB.org) からスクレイピングされ、フォルダーを開く際に、フルスクリーンで表示されます。
    詳細は以下のURLでご案内しております。(英語)
    http://inmatrix.com/zplayer/mediascraping.shtml
  • メディアライブラリエディター>カテゴリー構成に、サムネイルが入っているフォルダーの背景にフォルダーアイコンを表示するか、サムネイル表示だけにするかコントロールする設定が追加されました。
  • メディアライブラリエディター>カテゴリー構成に、タイトルとファイル名を取得したメタデータをサムネイル上に使用できる設定が追加されました。
  • アドバンスドオプション>再生>ブルーレイに、DirectShow フィルターでBlu-rayの解析ができるようになりました。初期設定ではこの設定は有効です。サードパーティ製のフィルター(LAV フィルターなど)ブルーレイ構成を解析し、最適なタイトルを選択できます。
  • 新しいメディアライブラリスクレイピングではスクレイプ保留中のメディアファイル数を表示することによってスクレイピングプロセスを明示します。
  • 新しいフォルダスクレイピングブラックリストではフォルダーのスクレイピングを防ぎます。メイン機能は”サンプル”と”サブ”フォルダーが、特に、TheMovieDB.orgや他のオンラインデータベースから映画のポスターのダウンロード時に、スクレイピングされないようにします。
  • 新しいメディアライブラリフルスクリーンナビゲーションのサムネイルビューモードのフォルダーアイコンではアスペクト比(1:1.5)のサムネイルポスターを表示するようデザインされています。
  • 新しいメディアライブラリビデオカテゴリを作成する場合、”ビデオ”や”テレビ番組”、”映画”などのビデオカテゴリーを薦める新しいダイアログが表示されます。そのカテゴリは、カテゴリの最初の構成とレイアウトを管理するために使用されます。
  • クリーンインストールの場合、再生履歴ダイアログの列幅は、自動的に調整されます。
  • スキンスクリプトでサムネイル作成エリア(以前の設定はファイルリストの高さ)の場所と高さをコントロールするようになりました。使用可能なスクリーンスペースを上手く利用しサムネイルの枠を作ります。
  • メディアライブラリカテゴリエディターでは、最近選択したタブとカテゴリモードを記録し再度ダイアログを開いた際にそこを表示します。

「ZOOM PLAYER 12」の変更機能

  • メディアライブラリカテゴリエディター(Shift+”M”または右クリックメニュー)のユーザーインターフェースを最適化しました。
  • メディアライブラリエディター>カテゴリー構成の、サムネイルレイアウトのセットアップを修正しました。手動でまたはビルトインカリキュレーターでサムネイルの幅と高さを指定する代わりに直接サムネイルのアスペクト比や新しい横幅のレイアウトオプションを使用して、コラム数を選択できるようになりました。
    サムネイルのアスペクト比を変更する場合は、選択したアスペクト比を基本にした新しいデフォルトのカテゴリ設定をリセットするオプションが使用できます。
  • メディアキャッシュをクリアするボタンがオプションダイアログからメディアライブラリカテゴリエディターダイアログ(Shift+”M”)に移動しました。
  • ”メタデータスクレイパーを使用したファイル名スクレイピングが失敗した場合、親フォルダ名をスクレイプする”設定はカテゴリエディターの”カテゴリ構成”ページに移動しました。この設定は全カテゴリのグローバル設定ではなく、各カテゴリの設定になりました。
  • ”フォルダ内の最初のメディアファイルからフォルダサムネイルを作成する(スクレイピングが無効または失敗する場合)”設定はカテゴリエディターの”カテゴリ構成”ページに移動しました。 この設定は全カテゴリのグローバル設定ではなく、各カテゴリの設定になりました。
  • サムネイルビューのサムネイルメモリキャッシュは、他の情報のスクレイピングを待つ必要なく、メイン情報のキャッシュされたサムネイルと直接同期します。これにより新しい内容のスクレイピングの間でもメモリキャッシュされたサムネイルが表示されるようになりました。
  • メディアライブラリ内のサムネイルの上に表示されていた字幕オーバーレイアイコンの機能を拡張しました。
  • メディアライブラリフルスクリーンナビゲーションのサムネイルビューモードのフォルダーアイコンがサムネイルイメージを表示するためにスペースを拡張しました。
  • メディアライブラリカテゴリエディターの”カテゴリ構成”ダイアログのレイアウトカリキュレーターのデフォルト設定が改善されフォントサイズが統一されました。
  • ‘”再生”機能を”メディアを開く”または”エンター”として扱う’設定を有効にすると、ファイルブラウズかメディアライブラリフルスクリーンナビゲーションインターフェース内のフォルダー上で”再生”機能を使うと、フォルダを開くのではなく、フォルダ内のコンテンツの再生を行います。
  • サムネイルモードの左/右のバンプアクションを”何もしない”に設定すると、”何もしない”ではなく、選択した内容の上下の移動となります。
  • 新しいスキンをインストールすると、そのスキンが対応しているを全てのスキンモード(メディア/DVD/オーディオ/ナビゲーション)に適用することが可能です。以前はスキン選択ダイアログが表示されるのみでした。
  • ファイルアソシエーション経由で新しいファイルを開くと(例:エクスプローラーでメディアファイルを開くなど)、再生前にメディアライブラリとファイルブラウザフルスクリーンナビゲーション画面が終了するようになりました。
  • 入力ボックス、エラー/警告/確認/情報ダイアログにはスキンは適用されなくなりました。これはスキンに対応していないダイアログへの対応を統一することおよび、使用しているスキンの解像度に合わないDPIモニターの値に関する問題を防ぐためです。
  • プションダイアログ内でフォントサイズを自動的に小さくできるようになりました。これによりいくつかの要素がWidnows フォントやDPI設定に関わらずダイアログ内に収まるようになりました。

「ZOOM PLAYER 12」の修正点

  • 既知のバグを修正しました。

ZOOM PLAYER 製品ラインナップ

ZOOM PLAYER FREE のパッケージ

ZOOM PLAYER
FREE (無料版)

※個人利用のみ無料、企業でのご利用は有料版のみとなります

無料のパワフルなメディアプレーヤー!世界トップクラスの安定性と高画質再生を実現!

ZOOM PLAYER FREEの特徴

  • 複雑ではなく、感覚的に使える、ユーザーにやさしいデザインです。
  • インストールセンターアプリケーションが、欠けているコンポーネントや最新のデコーダーを検出し、安全にインストールすることで、安定性や多機能性を高めます。
  • メディアセンターナビゲーションのインターフェイスはコントロールが簡単(上、下、左、右、決定)
  • デジタルアンプ、プリセットの備わった10バンドのイコライザー
  • DVD、ハードドライブ、インターネットからの読取り再生
  • カテゴリー別のメディアライブラリーインターフェイス
  • 途中で停止した動画をその場から再生
ZOOM PLAYER PRO のパッケージ

ZOOM PLAYER
PRO

販売終了

Zoom Player MAX 12 への更新・アップグレードライセンスのご購入はこちら

ZOOM PLAYER PROの特徴

  • プレイリストマネージャー(パワフルなプレイリスト操作)
  • 安全機能(パスワード化されたオプションダイアログ、保護者によるDVDの視聴制限、隠れたナビゲーション機能でファイルを修正)
  • メディア解像度(ファイルの解像度アスペクト比、色彩レベル、音量、イコライザー設定、などをそのままにして再生)
  • ウェブリモート(ウェブブラウザからZoom Playerをコントロール)
  • 拡張コマンドラインインターフェイス(さまざまな機能をコマンドラインから直接操作)
  • DRMで保護された映画や音楽の再生(WindowsメディアDRM)
ZOOM PLAYER MAX のパッケージ

ZOOM PLAYER
MAX 14

メーカー希望小売価格:7,980円 → 特価:3,980円(税込)

最強メディアプレーヤー!ブルーレイ・動画・音楽・画像、どんなメディアも高画質で高速再生!
ZOOM PLAYER MAX 旧バージョンをお持ちの方はこちら

ZOOM PLAYER MAXの特徴

  • 暗号化されていないブルーレイディスクの再生(字幕対応)
  • ビデオウォール(一つの動画を複数のモニターでスパン表示)
  • 独自の着メロを作成
  • シーンカット(ダイナミックなバーチャル動画/オーディオ編集機能)
  • 表示画面:ノンリニア16:9(ワイド)/ 4:3(全画面)
  • ガードドッグ(アプリケーションの応答がなくなった時に自動再起動)
  • ビデオオービット(数秒ごとに映像をゆっくり展開することで画面の焼きつけを防止)
  • HTML, Flash, QuickTimeのインタラクティブ機能(標準メディアを回避しZoom Player内でコンテンツをブラウズ)